ENTRY

コーポレート

福崎 奈穂子

中途2018年入社

異業種から人事にチャレンジ!

新卒で地方銀行に就職したのですが、結婚を機に都内へ引っ越すことになり、転職活動をスタート。「働く環境を支える仕事をしたい」と考えて、人事の仕事にチャレンジしたいと思いました。

CHINTAIを選んだ理由は、未経験でもOKだったことに加えて、採用や労務管理といった人事の幅広い業務に関われる機会があると思ったからです。専門領域を1つに絞ってしまうにはまだ早いと思っていたので、「いろいろな経験ができる職場」で働きたいと考えていました。

入社の決め手となったのは、面接のときに「年次や役職に関係なく、若手でもやりたい仕事を任せてもらえる」という話を聞いたことです。若手社員=未経験の人なので、会社として未経験から始めた人が活躍する環境が整っているんだと感じ、「ここでなら私も挑戦していける!」と思って入社しました。

大きな裁量を持ちながら、
幅広い業務を経験

入社後はOJTで人事の業務を一から覚えていきました。実際の業務を進める中でわからないことがたくさんありましたが、臆せずにどんどん先輩に質問することを意識しましたね。実践すると、作業の仕方だけではなくその背景にある考え方まで丁寧に教えてくれるので、人事業務の全体像を把握しながらスキルを身につけることができています。

前職では担当業務が細分化されていて、上司との関係についても、何かあったときに直属の上司に相談するくらいだったのですが、CHINTAIはまったく逆の環境です。担当している業務は採用や入社後の研修、給与管理、新制度の企画など幅広く、かなりの裁量を持たせてもらって働いています。

また、社員の距離が近く、コミュニケーションの壁がない点もCHINTAIの魅力。役員にも気軽に相談ができる雰囲気なので、自分の考えを直接役員にプレゼンすることもあります。

社員の声を聞いて、
本当に役立つ支援を

最近、特に大きなやりがいを感じたのは、ベビーシッター補助制度の導入です。小学後3年生までの子がいる社員がベビーシッターを利用した場合に補助金を支給する制度で、企画から導入までを担当しました。

社内で「社員の働く環境を整える制度を作ろう」という話が持ち上がり、私が担当となってベビーシッター補助制度と事業所内保育所の2案を企画しました。最終段階でどちらを実施すべきか迷ったので、実際にお子さんがいる社員に話を聞いてみたんです。すると、「事業所内保育園は子どもを会社まで連れてこないといけないので、ベビーシッター補助のほうが助かる」という意見が。せっかく制度を作るからには社員にとって本当に役立つものにしたいと考えて、今回のタイミングではベビーシッター補助制度を採用しました。

この経験を通して改めて感じたのは、「人事の仕事は社員の声に耳を傾けることが大事」ということです。また、入社して1年ほどしか経っていないのに会社の制度作りという大きな仕事を任せてもらえたことが、とてもうれしかったです。

CHINTAIには「これをやりたい」という思いのある社員がたくさんいます。そういう方が活躍できるように、人事として私もいろいろ挑戦をしていきたいです。

※2020年3月現在の情報です。